PRODUCT
DETAILS

製品詳細

ありがとう381系 特急やくも【4K撮影作品】【ブルーレイ】

岡山~出雲市
  • subway展望
  • auto_storiesドキュメント
  • train走行
ありがとう381系 特急やくも【4K撮影作品】【ブルーレイ】

Product content

製品内容

名列車381系特急やくも 2024年ついにラストラン!

 特急やくもは、伯備線経由で岡山と出雲市を結ぶ。その始まりは古く、1972年3月15日 山陽新幹線が岡山まで延伸した際に接続する在来線特急として登場した。その後、半世紀以上も陰陽連絡の要としてその役割を担っている。1972年の運行開始当初はキハ181系気動車が使用されていたが、1982年より現在の381系電車がその任を引き継いだ。走行性能を高めた振り子式電車で速達化に大きく貢献した。そしてこの度、381系特急やくもはその長年に渡る活躍からリバイバル塗装が施され最期の鉄路を走ることになった。2023年11月現在、「ゆったりやくも」ノーマル色の他、「スーパーやくも色」「緑やくも色」「国鉄色」の3種類のリバイバル塗装車が運行している。
 岡山を出発した特急やくもは倉敷まで山陽本線を西へ進む。倉敷から伯備線に入るとまもなく井原鉄道が合流。総社を過ぎると吉備線と分岐する。非電化時代の旧線跡や専用線の廃線跡が道中に点在。列車交換の為の信号場も山間部の単調さを打ち消してくれる。倉敷から伯備線で吉備山地と中国山地の山あいを抜けてきた列車は、伯耆大山から山陰本線へ入る。しばらく走ると中海・宍道湖を右手に見て、さらに山陰本線を西へ進めば一畑電気鉄道が合流し終点出雲市に到着する。

Product Summary

製品概要

※プライバシー保護・保安上の観点から映像・音声を一部修正しています。
※運転士の喚呼・車内放送を収録しています。無線は収録していません。
※雨天時・逆光時・トンネル内などの一部に見づらいと感じる場合があります。
※作品内のテロップは自社調べによるものです。
ご注文はこちら ビコムダイレクト